top of page

天使のハーブ



アンジェリカは、ギリシャ語の「arkhangelos」(大天使)に由来します。これは、薬としての使用について語ったのは大天使ミカエルであるという信念によるものです。 10世紀以降、アンジェリカは野菜や薬用植物として栽培されてきました。

天使のハーブと呼ばれ、野生のセロリそして聖霊の根として知られるアンジェリカの根は、パセリ、ニンジン、フェンネルに関連しています。ヨーロッパの大部分と東南アジアのいくつかの部分に自然に分布しています。 Achangelicaという名前は、アンジェリカがペストの解毒剤であると、大天使ミカエルが夢を通して知らされたと伝えられていることに由来しています。

6フィートの高さ(約180cm)まで成長します。根は太く、肉厚で、いくつかの小さな細根で枝分かれしています。葉は緑色で、3つの部分で構成されています。各パーツは、3つの鋸歯状およびローブ状のリーフレットを生成します。花は黄色で、少し緑がかっています。

アンジェリカには、ビタミンB12、亜鉛、チアミン、ショ糖、リボフラビン、カリウム、マグネシウム、鉄、果糖、ブドウ糖、および他の多くの微量ミネラルが含まれています。 にんじんやセロリに似た、ほんのり甘草のような温かみのある甘い味わいです。 この香りのよいハーブは、セロリのような風味を出すためにお茶や調味料によく加えられます。 キッチンでは、魚、豚肉、鶏肉、野菜、山芋、ルバーブ、ベーキングに使用されるタルトと甘い果物、プラム、スグリ、フェンネル、ディル、ジンジャー、クローブとよく合います。



ヒーリングハーブとしての役割


  • 惑星:太陽

  • 要素:火


  • ガーディアン

  • ヒーリング

  • ビジョン

  • ネガティブな作用を取り除くための洗浄ハーブとして使用

  • 女性のための強さをサポート

  • 子供の保護

  • 家の平和

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page