top of page

必須美容法 脳ケア

更新日:2023年10月21日

が老いると肌も老けてきます。

なぜなら、


脳が老ける=脳にストレスがたまる


だからです。


にストレスが溜まると、ホルモンの活動が著しく低下します。疲れた脳を元気にするのには、外からのアプローチと体内からのアプローチの両側からしていくことで、効果的に発揮されると言えます。


外からの脳ケアアプローチ

体を動かす。ヨガ、ジョギング等の体を動かしながらするメディテーション

中からの脳ケアアプローチ

アロマ、ハーブ、食事療法

メンタルアプローチ

メディテーションやヒーリングなどスピリチュアルケアも含めた方法。

脳ケア

食事と脳機能の関係

多数の研究が、食品が記憶や集中力に影響を与えることを示しています。実際、特定の食品は認知機能を著しく改善し、そのために特定の障害が発生した場合には強く推奨されています。特にオメガ3やポリフェノールなどの特定の栄養素は、脳の優れた機能を促進し、記憶力を高めることに貢献します。


人間のは約1000億の神経細胞から成り立っています。これらの神経細胞は、髄鞘と呼ばれる脂肪でできた被膜によってつながっています。そのため、神経細胞の構造を強化するために、オメガ3脂肪酸を摂取することが推奨されます。


鉄分の不足は知的能力に影響します。赤身の肉、緑黄色野菜、キヌア、貝類などが鉄分の良い源で脳ケアに有効的です。



肌と密接な関係「代謝」

代謝もまた、外からのアプローチで活かせることができますが、内側からも積極的にアプローチしていきましょう。


代謝には、基礎代謝、新陳代謝、脂質代謝、糖質代謝、骨代謝、薬物代謝、エネルギー代謝、表皮代謝などがありますが、場所によって代謝のスピードが異なります。肌も早い方で、28日周期、骨は2年とされています。

不要になった細胞は、毎日1兆個ほど老廃物として、尿や便として体外に排出されていきます。1兆個と聞くと驚かれるかもしれませんが、体の中にある約60兆の細胞はおよそ半年で80%、3年で99%入れ替わりをします。

ということは、今から口にする食物に配慮すると、3年後には全て良いように入れ替えることができるということです。


私たち人間は雑食動物です。バランスをとりながら上手に食物を口にしていきましょう。脳ケアにはまず、「何を口にするか」が基本となります。


脳ケア美容ビタミン

ビタミンのほとんどは体内で合成はされません。積極的に体内へ投入してあげることが大切です。


ビタミンA  脂溶性ビタミン(肌荒れ防止)

ビタミンB群 水溶性ビタミン(皮膚の新陳代謝を活性化・皮膚の発育促進・皮膚の血管循環を良くする)

ビタミンC  水溶性ビタミン(コラーゲンの生成・メラニン色素の沈着防止)

ビタミンD  脂溶性ビタミン(カルシウムの定着を促進)

ビタミンE  脂溶性ビタミン(皮膚の血液循環を良くする働がある)

ビタミンK  脂溶性ビタミン(傷の修復に効果的)


脂溶性ビタミンをうまく体内に取り入れるには、油と一緒に摂取する必要があります。脂溶性ビタミンは、油とよくまじわる性質があり、油と一緒に摂取すると体内に吸収されやすいのです。


水溶性ビタミンは、水とうまく混じりますので大量に摂取しても体外に排出されやすく自過剰摂取によるトラブルがとても少ないのです。


ビタミンは、細かく分けるとまだまだ別れてきます。どのビタミンがどんな役割をするのかをあらかじめ知っておいたら、日々、体内にとり入れやすいかもしれません。


アリナミン:ビタミン表


脳ケア豆知識

サバ缶にも栄養は含まれています。お魚を1匹食べ切る自身のない方

は、サバ缶を活用してみましょう。

サバ缶であると残りも取っておいて、次の日にまた異なるレシピで使

用することも可能です。


サバカレーや、サバラーメンなどでサバが苦手な人も美味しくいただ

けると思います。




 

時折ブログも書いています。





閲覧数:104回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page