top of page

蜜蝋キャンドルの長所と短所

更新日:4月23日

蜜蝋は、1オンスの蜂蜜を生産するのに蜂の巣全体が必要なため、以前は贅沢品として何千年もの間使用されてきました。 ギリシャやエジプトでは、蜜蝋キャンドルは紀元前3000年より使用されていたとされています。


ほとんどのキャンドルは、石油、石炭、またはオイルシェールに由来する固形物であるパラフィンワックスでできています。 長時間の使用により、壁に黒ずみがつく場合があります。


なぜでしょう?


パラフィンワックスは、ディーゼル燃料放出の化学物質と同様に、有毒な発がん物質を大気中に放出します。 毛穴を詰まらせ、吐き気を誘発し、頭痛を引き起こす可能性があります。 これは、肺がんの原因となる汚染と同じです。


蜜蝋

蜜蝋キャンドルの長所

  • 天然成分を使用しているため、環境にやさしい

  • 蜜蝋キャンドルに人工的な香りを加えない限り、その化学物質のような香りはしない

  • 燃焼時に空気を浄化することができる

  • 他のほとんどのキャンドルよりも長く使用可

  • 腐敗せず、正しい方法で保管すると無期限に手元へ置くことができる


蜜蝋キャンドルの短所

  • 蜜蝋は高価なのでキャンドルの値が高い

  • 火が灯るまでに時間がかかるため、芯の上に炎を長く保持する必要がある

  • 他の種類のキャンドルほど、様々な種類が簡単には入手できない


蜜蝋キャンドルの健康上の利点

環境をより安全に保つことに加えて、蜜蝋キャンドルは空気をきれいにするのにも役立ちます。 キャンドルが燃える限りマイナスイオンを生成し、脳への酸素の流れを増やし、精神的、神秘的なエネルギーを高めます。

これらのイオンは、周囲の空気に存在するほこり、カビ、臭いなどの汚染物質を中和します。 その結果、これらのキャンドルを使用したからと言って、アレルギー反応が起きるようなこともありません。

したがって、喘息や同様の呼吸の問題を抱えている人には、蜜蝋は素晴らしい贈り物のアイデアの一つになります。


蜜蝋キャンドルの使用

蜜蝋キャンドルを使用し、自然な健康上の利点を活用する方法はたくさんあります。

喘息やアレルギーなどの呼吸困難に苦しむ人は、純粋な蜜蝋キャンドルを寝る前に寝室で30〜60分間燃やすと、より安らかな睡眠へ不可欠な「空気」をきれいにすることができます。

蜜蝋キャンドルは、人工的な香りで食品を汚すことなく、臭いを中和するのに役立ちますのでキッチンでの使用にも最適です。また、ホームオフィスや、臭いが残る可能性のあるその他の場所(人が集まる場所)でも使用できます。


蜜蝋キャンドルは、肺の空気をきれいにするという意味では保育園で使用することもできますが、燃えているキャンドルを子供たちの周りに放置してはいけないことを忘れないでください。


マイナスイオンを発生するって本当?

蜜蝋キャンドルがマイナスイオンを放出するとされることがありますが、その効果は限定的。

マイナスイオンとは、空気中に存在する粒子の一種で、電荷が負の状態を示します。

滝や森林などで多く発生し、空気の浄化や健康に良い影響を与えるとされていますが蜜蝋キャンドルはどうなのでしょう?


蜜蝋キャンドルがマイナスイオンを放出するとされる理由は、燃焼時にマイナスイオンが生成されるためです。

石油由来のパラフィンキャンドルと比較して、蜜蝋キャンドルは天然素材であるため、燃焼時に有害物質が発生しにくいという特徴があります。

そのため、環境に配慮した製品として、蜜蝋キャンドルがマイナスイオンを放出することが健康に良い影響を与えると考えられるのです。

しかし、蜜蝋キャンドルから放出されるマイナスイオンの量は限定的。

健康に良い影響を与えるためには、十分な量を放出する必要があります。

また、蜜蝋キャンドルがマイナスイオンを放出する効果は、キャンドルの数、環境の状況や部屋の広さ、風通しなどによっても左右されます。

つまり、蜜蝋キャンドルがマイナスイオンを放出するということはある程度正しいと言えますが、

その効果は限定的であり、健康に良い影響を与えるためには、他の方法と併用することが望ましいと言えますので、密猟キャンドルと何か健康に有効的な他のものが組み合わされている製品が好ましいと言えます。最近では、ビーズワックスクロスも人気があります。早速私も作ってみました。環境に優しく、青果などの保存期間が長くなることで人気のビーズワックスクロス。新調しなくても、ご自宅で作ってしまうことができます。


その前に、安価でないのに人気がある理由が気になりませんか?ビーズワックスクロスには、たくさんの「良い」が詰まっています。


ビーズワックスクロスがいま熱い

地球温暖化や環境保護のニュースに目がいく最近では、何度も繰り返し使用できるビーズワックスクロスが人気です。ビーズワックスクロスは別名、蜜蝋コーティング布や蜜用袋とも呼ばれることもあります。汚れたらさっと冷水と柔らかいスポンジで洗い、陰干しするとコーティングされている蜜蝋が全てなくなり、ただの布になるまで使用可能です。その他にもこんな魅力が詰まっています。


ビーズワックスクロスは可愛い!

透明のフィルムではなく、可愛い絵柄でキッチンが華やかになることで、キッチンインテリアを意識して使用している人も中にはいます。ビーズワックスクロスは、デザイン性が高く、食品を包むだけでなくサービストレイやパン入れなどにも使用できるので、テーブル上のアクセントにもなります。


抗菌作用

蜜蝋には殺菌作用があるので、食品の鮮度をフィルムよりも少し長く保ってくれます。食品の酸化や腐敗の進行を遅らせることができるので、夏場は特に使用価値があります。


サイズの調整が可能

チョキチョキハサミで切ってサイズ調整ができるので、普段より使用している食器や入れ物にサイズを合わせることができます。大きめのビーズワックスクロスを作って、その時に必要な大きさにカットすることも可能です。


環境にやさしい

天素材で、無駄な廃棄物を削減することができる上、使い捨てではないことから環境に負担をかけません。化学物質や合成物質が含まれていない素材ですので、合成添加物を避けたい人に好まれています。


ビーズワックスクロスの作り方

生地と蜜蝋以外は自宅にあるもので作ってしまえます。今回私が使用したのは100均のハギレと漂白をしていない100%の蜜蝋です。


漂白されていない、黄色い蜜蝋を使用することでハギレにレトロ感が加わりかなりおしゃれに。生地のデザインを活かしておきたいのであれば、漂白された白い蜜蝋を使用されることをお勧めいたします。黄色い蜜蝋は、白い蜜蝋より少し安価で購入も、ホリスティックショップなどで簡単に手に入ります。


材料

黄色い蜜蝋   22g

ハギレ (今回使用したのは、30㎝×40㎝)

クッキングシート

アイロン


手順

1:クッキングシートを生地より大きめにカットし、生地の下に敷きます。

ビーズワックスクロス

2:クッキングシートと生地の上に蜜蝋を満遍なく撒きながらおきます。

ビーズワックスクロス

3:(2)の上にもう一枚クッキングシートを被せます。

ビーズワックスクロス

4:(3)の上からアイロンを満遍なくかけて蜜蝋を熱で溶かしていきます。熱を加えれば加えるほど、生地に浸透していくの、いつものアイロンより長めにします。

ビーズワックスクロス

5:少し乾いたら、上のクッキングシートを外します。

ビーズワックスクロス

6:ここから生地周りを調整していきます。下に敷いてあるクッキングシートは外さず、ハサミで歪んでいるところや、糸がほつれているところ、サイズ調整をハサミで下のクッキングシートと一緒にカットしていきます。

ビーズワックスクロス

7:生地のカットが終わったら、下のクッキングシートを取り外して陰干しにします。

ビーズワックスクロス

ビーズワックスクロスは、人肌で蜜蝋が柔らかくなり、粘着力もありますので、きっちりフィットしてくれます。

ビーズワックスクロス

食べ物の保存以外にも、生地がしっかりとしているのでパン屋お菓子入れにも使用できます。


ご利用の注意:

はちみつにアレルギーのある方のご使用はお控えください。



 

時折ブログも書いています。


関連ページ














 

時折ブログも書いています。 ハーブ作家ママの健康ハック - Amebaブログ





Comments


bottom of page