top of page

書くというヒーリング





ヨガ、キャンドル、スポーツ、飲酒、スピーキング、瞑想、旅行、動物、セレモニーなど、私たち自身の癒しを行う方法は複数あります。


交差するフェミニストの学者活動家であるヘレナは、次のように述べています。

彼女は、「書くということは、あなたの休息と回復を助けることができます。セルフケアジャーナリングを使用して心を落ち着かせ、精神を養い、自己愛と自己受容を育むには、6つの異なる方法があります」と述べました。


また、ハーバードビジネスレビューは「書くことは私たちがトラウマから癒すのを助けるのをサポートできる」と言及しています。

現代社会では、大人としてマナーを優先することが多く、心にモヤモヤを抱えていることが多いと思います。

あなたが人々に伝えたくない現実は、書き留め、捨て、または書き留めて繰り返し読み、など、書き留めることによってストレスを和らげる素晴らしい方法になり得ます。



目に見える証拠

研究の1つにおいて、高齢者の創傷治癒に対する表現力豊かな文章の効果を調べたものの中で、実験群は3日間連続して1日20分間表現力豊かな文章を書き、対照群は日常の活動について書きました。2週間後、 驚いたことに、表現力豊かな筆記状態の参加者は、11日後に対照群の参加者(42%のみ)よりも多くの部分が治癒しました(76%)。



キャンドルの光は見ているだけで落ち着きますが、それだけでは消化できない方にもおすすめの方法です。 これは、記事を書いたり、絵を描いたり、手で何かを描いたり、紙やPCに書き落とすことができます。

まだ消化できないような出来事があるのであれば、まず書いてみませんか?


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page